隠れ家サロン デュ・ルー高輪
 
10:00~21:00(最終受付19:00)不定休
品川駅高輪口徒歩10分・泉岳寺駅A2徒歩3分
高輪ゲートウェイ駅徒歩5分・駐車場完備

ページタイトルを入力します。

獲得免疫力のエース!T細胞を活性させる食品

2021年02月10日

 
T細胞を含む獲得免疫系の働きは免疫系の中で最も老化が進んでしまうことがわかってきています。思春期にピークを迎え、40代で半分に、70代で20%ほどに低下します。T細胞を教育する器官である胸腺が加齢と共に衰えることが原因とされています。   そんな年々働きが衰えてしまうT細胞を活性させる成分を2つ紹介します。 発酵性食物繊維である「アラビノキシラン」と「βグルカン」です。   ・アラビノキシランは、米(白米では無く米ぬか)やムギ、とうもろこしのイネ科植物に含まれるヘミセルロースの一種です。クマザサ由来のものもあります。 アラビノキシランはヘミセルロースの中でも分子構造が小さいため、小腸で吸収され血液に入ることが出来るので免疫細胞に刺激を与え、その結果細胞が活性化され、全身の免疫レベルが高まります。   ・βグルカンはキノコや酵母に多く含まれる多糖類の一種で、食物繊維の仲間です。霊芝やアガリスクなどが有名です。 β-グルカンは腸の内壁にある免疫細胞に働きかけるため、腸が空に近い空腹時が適しているとされています。   上記の2つは、腸内環境を整えて免疫力を高めることが期待されています。手軽なサプメントも発売されていますので気になる方は調べてみてはいかがでしょうか?   *_*_*_*_*_*_*_*_* リンパドレナージュは本来持っている恒常性・免疫力を高めることが期待できるトリートメントの一種です。