隠れ家サロン デュ・ルー高輪
 
10:00~21:00(最終受付19:00)不定休
品川駅高輪口徒歩10分・泉岳寺駅A2徒歩3分
高輪ゲートウェイ駅徒歩5分・駐車場完備

ページタイトルを入力します。

正しい目薬のさし方を知ってますか?

2021年03月18日

PCやスマホなどの使用が原因のドライアイの方や花粉症の方、コンタクトレンズの使用で目薬は欠かせない方も、目薬の種類や正しい目薬のさし方をご存知ですか?   ドライアイとは、 ・目が乾く ・しみる ・ショボショボする、ゴロゴロする ・目が疲れる などの症状をさします。   市販目薬には、ドライアイ用以外にものもらいや結膜炎用、疲れ目用、アレルギー用やコンタクトレンズ用などの種類があります。   ドライアイ用で選ぶ時のポイントとして、 ・防腐剤が入っていない ・人口涙液(涙により近く塩化ナトリウムや塩化カリウムを含) ・血管収縮剤が入っていない ・ヒアルロン酸配合(長く角膜に留まり潤いを与え、角膜修復作用がある) ただしコンタクトレンズ使用時や、頻回点眼には適しません)   正しい目薬のさし方は 1、手を洗う(清潔が第一です) 2、さす時はアッカンベーの状態にし下まぶたに1滴落とす 3、さしたら目が閉じて目頭を押さえしばし待つ 4、目の周りに残った目薬は拭き取る   目薬も薬ですので、注意点もあります。 ・基本は1滴で充分 ・点眼時に、まつ毛などが当たらないように注意 ・開封後は一か月程度で使い切る ・複数の目薬を使用する際は、5分以上時間をあけてから使用する   ■━━━━━━━━━━━━━■ 目薬だけでは取れない眼精疲労にリンパドレナージュがおすすめです。